Teknologi Informasi & Game

10年後の漫画コンビネーション山崎博也と柴田秀明の台頭

10年後の漫画コンビネーション山崎博也と柴田秀明の台頭 - 毎週金曜日11:00に行われた富士でのビートチームイベントでは、柴田秀明のコメディコンビが登場しました。

2010年2月以降の1年間の休息は、柴田と山崎の組み合わせではなくなりました。

そして、それらの10年間、彼らは活動の組み合わせをしておらず、休むのに非常に長い時間を費やしていません。

柴田秀樹と山崎博也が10年ぶりに再びコミックの組み合わせを見せた後、ついに触ることのできない覚醒が起こった。

しかし、山z裕也が到着したとき、彼はすぐにショックを受け、柴田はネクタイを緩めながら山崎を打った。


柴田は「このプログラムをやる!」と言った。

山崎裕也は「いや、ありがたい。10年ぶりだ」と答えた。

そして、聴衆はすぐに興奮し、確かにショックを受けました。

以前、彼らはマンガが10年後に復活した「手に負えない」コミックコンビネーションを形成しました。

この組み合わせは2004年にM-1グラッドグランプリを獲得し、1年間柴田が1年間休んだ後、二度と組み合わせを見せませんでした。

これは柴田と山崎にとって非常に勇気づけられるもので、10年後、彼らもついに出会う。

そして、このイベントはインターネットで人気を博し、多くの人々がこの漫画の台頭を見て誇りに思っており、喜んでいます。

この目覚めは、山崎博也と柴田秀明のコミックコンビネーションがついに10年もの間続いた。

タグ :

#柴田秀明
#山崎裕也
#復活はそのまま
#コミックの組み合わせ
#10年ぶり
Labels: 日本

Thanks for reading 10年後の漫画コンビネーション山崎博也と柴田秀明の台頭

Back To Top